毎回全体のストレートパーマはあてなくてもいいですよ〜ポイントであてるのもオススメします

こんにちは。
なで肩美容師、タミオこと三宅プロです。
今日は「ストレートパーマ」の種類のお話。

梅雨の湿気と夏場の汗はくせ毛の天敵

そろそろ梅雨時期に入ってきますね。お店でもちらほらストレートパーマをされる方が増えてきました。梅雨って本当に湿気が凄くて朝にがっつりブローしたりストレートアイロンで仕上げても、雨なんか降ってたら昼頃にはもうヘアスタイルが崩れてる!ってこと、よく聞きます。湿気があるから当然クセはうねりだしていくんですよね。

だからストレートパーマをあてて湿気にも負けないようにしておくんです。今の時期あてておくと、夏の汗かく時期も結構乗り切れたりできますもんね。

ちなみに、サブリエでは、ストレートパーマも縮毛矯正も同じ扱いです。というよりも一緒です。クセを伸ばす=ストレートパーマなので一緒です(笑)縮毛矯正だから高いっていうのはもう大昔のお話ですよ〜。

ストレートパーマは全体をあてるだけが全てじゃないです

たまにお客様にお話しすると「え?そんなことできるの?」と言われるメニューが存在します。それはポイントストレートです。例えば

  • 前髪だけのストレートパーマ
  • 前髪と顔周りのストレートパーマ
  • ハチ周りのトップのボリュームを抑えるだけのストレート
  • 他にも要らないところのクセを取るだけのストレート

こんな風に全体をあてなくてもポイントであてることも可能です。くせ毛の強さにもよりますが、ポイントでストレートをあてることでその他の部分をパーマっぽく見せることが出来てただ真っ直ぐにするよりもヘアスタイルをもっと楽しめます。

逆に前髪は真っ直ぐになるのが嫌だって方には前髪はストレートをあてなかったりもします。これも応用編です。もちろん全体的にとってもクセが強くてキレイなサラサラヘアにしたい方は全体をあてたりもします。

ポイントストレートのメリットとデメリット

メリット

  • 時間が短くて済む
  • 傷む部分が少なくて髪にも良い
  • その分料金も下がります
  • 新しいヘアスタイルのバリエーションが増える

デメリット

  • ほとんどないかな(笑)

あればまた言います(笑)

こんな感じで今年はちょっと違った感じでストレートパーマしてヘアスタイルを楽しみながら梅雨を越すのもいいですよ〜♪

ではでは


The following two tabs change content below.
三宅 伸也

三宅 伸也

オーナースタイリスト&シャンプーソムリエ美容室SABLIER(サブリエ)
1980年、兵庫県生まれ。尼崎の美容専門学校「HAIRART」を卒業後美容師となり、2013年2月14日に大阪府堺市なかもず、百舌鳥梅町に美容室SABLIER(サブリエ)をオープン。海辺のカフェのような隠れ家的サロン。明るい白髪染めが人気を集め、老若男女問わずお客様が来店。2015年7月に世界初となるシャンプーソムリエの資格を取得。趣味はサーフィンとゴルフ。マックスブログ塾7期。SSA修得。