「縮毛矯正は傷むでしょう?」もはや美容業界は都市伝説で溢れかえってます!

堺市なかもず、百舌鳥梅町の海辺のカフェのような小さな隠れ家美容室の、シャンプーソムリエこと、明るい白髪染めが得意な、波乗り美容師三宅伸也です🌴

 

美容業界の都市伝説化

もう美容業界の中は都市伝説となっている情報が溢れかえっていて、その伝説自体美容バブル以前から言われているものが多いので、なかなかお客様の中から消えていく事はないのかと思っているところです。

 

パーマは傷む!

縮毛矯正は傷む!

カラーは傷む!

シリコンは悪だ!

シャンプーはやらないほうがいい!

 

などなど、こういったお話はお客様からよく聞きます。

この中で「傷む」に関してはほぼ正解です。

が、〇〇だから傷むというのは不正解かと思うんです。

シリコンやシャンプーに関しては今回長くなるので外しますw

 

 

縮毛矯正は傷む。ストレートパーマのほうがまだマシ

これね、めっちゃ言われます。

何年かけて、どれだけ説明してもなかなか伝わりませんw

 

縮毛矯正は僕が高校生の頃、約20年前くらいに通っていた美容室で見かけた記憶があるメニューです。

うる覚えですが、確かその頃は40,000円くらいしてたように思います。

めちゃくちゃ高いですよねw

 

その後色んなメニューに変わりながら、今ほど真剣に考えられていなかった縮毛矯正は、いつしか髪をボロボロにしていったような、記憶があります。2000年当初かな〜僕が美容師になってしばらくは続いていたような。

 

そこからですかね、縮毛矯正とストレートパーマが

全くの別物扱い!

になってしまったのは。

 

今でも言われますよ。ちゃんと説明した後に。

 

「え?縮毛矯正とストレートパーマって同じなの?」って。

 

ええ。

 

そう。僕が声を大にして言いたいのは

 

 

縮毛矯正もストレートパーマも同じです!

 

 

もっと言うと、

 

 

ストレートパーマもパーマも同じです!

 

 

が、これは一般のお客様には説明してもきっとどうでも良いことなので特に触れません。もし気になったらお店で聞いてくださいね♪

 

 

何故、縮毛矯正とストレートパーマが同じなのか?

逆にお聞きします。

 

何をもって違うと思っておられますか?

 

きっと過去のイメージだけですよね?

縮毛矯正はきつい!とか、強いとか、傷むイメージがまだまだ根強く残ってるからですよね?

 

でもね、今は違うんですよ。というよりも、むしろ昔から違ったんです。

本当は。

 

人それぞれの、クセの種類を見極めて、髪質(硬い柔らかい太い細い)をしっかり診断して、ダメージのレベルを見極める。

※ここは美容師さんに任せましょう。

 

そしたらね、その方に適合した薬剤が見えてくるんです。

だから最小限にダメージを抑えながら、クセを伸ばすことが出来る!

ストレートアイロンも同じ。髪質等に合わせて使用します。

 

これがざっくりとしたストレートパーマの行程です。

 

ね?縮毛矯正って何なの?って思いません?

どこにも縮毛矯正って書いてないよね?

 

だから僕は縮毛矯正というメニューは作ってないんです。

 

全部ストレートパーマだからです。

 

一応(縮毛矯正含む)とメニューに書いてますが、これはお客様に分かりやすくしてるだけで、本当は記載したくないんですよね。

あと何年かしたら(わからんけどw)美容室のメニューから縮毛矯正は消えるかもしれないですね。

 

もし、美容室に行って、

「縮毛矯正じゃないとこのクセはキレイに伸びないですね!」

って言われたらその美容師さんは

 

疑いましょう!w

 

それウソっすから!w

 

なぜそこまで言えるのか?

今僕はここで美容師としての知識を学びなおしてるからです。

 

美容業界最高峰のセミナーです。

遊んでばっかりじゃなくててね、ちゃんと勉強してるんですよ〜♪

 

またお客様の中での都市伝説を覆していくのでお楽しみに!

プロフィール

三宅 伸也
三宅 伸也
美容室SABLIER(サブリエ)オーナー。
2013年2月14日のバレンタインにオープン。
他店で「これ以上明るくできない」と断られた明るい白髪染めになりたい女性が多く通われてます。いつまでも綺麗で若々しくいたいよね♪
海辺のカフェをイメージした店内は、どこか南国風。
老若男女問わず楽しんで頂けるお店作りを目指してます。
兵庫県産まれ。趣味はサーフィンとゴルフ。1児のパパです。
たまにブログ塾で遊んだり学んだり。シャンプーソムリエとしてお客様の相談を受けたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です